料金の安いプロバイダは品質が悪い!?

プロバイダ 料金

 

プロバイダは事業者の中でも比較すると格安な料金で提供を行っているものもいくつかあります。

 

代表的なものでいうと「ぷらら」や「Toppa!」、「ASAHIネット」などは、格安な料金内容で最も安いプロバイダ事業者の部類に入っていますが、料金の安いプロバイダほど、品質が悪いものもあり、中には評判も不評の声がけっこうある事業者もあります。

 

ではプロバイダの品質が悪いことで、どのようなことになるのか?どのようなプロバイダなのか?について簡単に解説していこうと思いますので、プロバイダ選びに悩まれている方は参考にしていただくと幸いです。

 

 

プロバイダの品質による違い


プロバイダの品質は良いものや悪いものがあり、実際にプロバイダを契約して利用するまで品質を見極めることはできません。

 

また、利用してみて品質の高いプロバイダであっても利用する地域・環境によって悪くなる場合もあり、必ず品質が良いものというのは難しいですが、品質が良いもの悪いものには違う理由があります。

 

 

プロバイダの品質の違い

 

バックボーンの設備・規模の違い

品質のいいプロバイダ事業者と品質の悪いプロバイダ事業者の違いは、バックボーンの設備にあります。

 

バックボーンを簡単に説明しますと、プロバイダ事業者のもつインターネットに接続させるための「接続領域」と捉えていただければわかりやすいでしょう。

 

このバックボーン(接続領域)は、プロバイダ事業者によって規模が違っており、契約者一人一人をインターネットに接続させるための一つの空間で、品質のいいプロバイダ事業者は、このバックボーンの規模が大きく設備が整っていることで、インターネットに接続させる速度をスムーズに行うことができます。

 

逆に、バックボーンの規模が小さく設備が不十分となると、インターネットに接続させるのに時間がかかってしまい、回線事業者が光回線のような高速通信が行えるものであってもプロバイダ側の接続速度が遅いだけで、十分なインターネット通信を行えないことになります。

 

このようにプロバイダの品質の違いは、バックボーンの規模・設備にあります。しかし、バックボーンの規模・設備が整っているプロバイダでも利用者の数の増加や地域によって品質が落ちてしまうこともあります。

 

どこの地域でも品質のいいプロバイダというのは存在しない!?

プロバイダ 料金

 

バックボーンの規模・設備が整っているプロバイダ事業者であっても急激な利用者の増加によってバックボーンの規模が間に合わず品質が落ちることもあり、品質の良かったプロバイダ事業者であっても品質を保つことは難を極めているのが現状です。また、地域によっても左右され地域ごとのプロバイダの混雑状況が違うのです。

 

プロバイダ事業者自体、NTT内の設備をレンタルし、その設備にプロバイダ(バックボーン)を通して利用者を接続しているのですが、利用者が多ければ多いほど、接続が混雑してしまい、NTT内の設備への接続速度が低下してしまいます。

 

そして、各都道府県ごとのプロバイダの利用者には違いがあり、実際にそのプロバイダの接続速度については、その地域に住んでいないと分からないもので、例えば大阪では接続速度の速いプロバイダであっても東京では遅いというようなことです。

 

こういった事態にならないために、プロバイダ事業者側がNTTに設備の増強の申請やバックボーンの規模拡大を行えば接続速度の低下は改善に向かいますが、予算などの要因で、これらの作業を行えないプロバイダがほとんどなので、現状どこの地域でも品質の良いプロバイダ事業者はないと言うのが事実です。

品質の悪いプロバイダ


品質の悪いプロバイダは地域によって接続速度が良かったり、悪かったりと地域に左右されがちで、中々判断がつかないものですが、複数の地域からの明らかな不評の声の多さやあまり知られていないプロバイダ事業者は、本当に接続速度が遅い傾向があります。

 

 

品質の悪いプロバイダ

 

ぷらら

プロバイダ 料金

 

ぷららは実際に利用したことがありますが、ネットサーフィンもままならない程接続速度が遅い印象があり、料金は格安なのですが、実際にぷららを利用されている人の声もかなりの不評があるプロバイダ事業者となっています。

 


 


 


 


 

Toppa!

プロバイダ 料金

 

Toppa!はプロバイダ事業者の中でも比較すると格安な料金内容ではありますが、Toppa!にしたことで通信速度がかなり落ちたという声が多数ありました。

 

また、問い合わせ対応にも不評の声も上がっており、あまり良い印象がないプロバイダ事業者です。

 


 


 


 


 

 

以上の2つのプロバイダは正直良い声が見つからないほどに評判が悪い印象で、ぷららに限っては利用していたこともあり、同意できるほど品質の悪いプロバイダでした。

 

他のプロバイダ事業者の評判も調べてみたりはしましたが、良否両論の多いものが多く、確実に悪いと言えるものは以上の2点になりますので、「ぷらら」、「Toppa!」はできるだけ申し込みを避けることをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?

 

品質の悪いプロバイダの特徴を推測すると、料金が格安なものに多く、あまり知名度の高くないプロバイダに見られます。

 

もし、プロバイダへ申し込みの際に、格安で聞いたことのないようなプロバイダなら一度評判などを元に検討することをおすすめします。

 

プロバイダ検索はこちら

関連記事

WiMAXでおすすめなW05とWX05の実際の性能はそれほど良くない!?実際の評判の声
最新のWiMAX機種であるW05とWX05は今最もおすすめしたいWiMAX機種ですが、実際に利用してみないと性能は分からないものです。そこまで従来の機種との性能比較や実際に最新WiMAXを利用してみた感想を踏まえて2つの機種の性能や使用感について解説したいと思います。
WiMAX W04の評判はあまり良くない?
WiMAX W04の評判は、デザインが大きく変わりよりコンパクトな作りで評判はありますが、スペック的な点では不評の声もあります。
WiMAX W03とWX03の評判は性能面では従来の倍以上!?
WiMAX2+の新たな機器としてWiMAX W03・WiMAX WX03なるものが出始め、速度の性能面で高い評判を集めています。当ページでは、WiMAX W03・WiMAX WX03の通信速度や料金について比較解説しています。
WiMAXのW03とWX03の違いとお勧め点
WiMAXの最新機種であるW03・WX03は旧機種に比べ性能が大幅に強化された機種として人気を集めていますが、一体違いはどこにあるのか?気になる方にW03・WX03の違いについて解説しているページです。
WiMAXの通信制限の仕様変更内容について
今年の2017年2月2日よりWiMAXの通信制限の仕様が変更され、今までの制限よりも緩和されました。当ページでは、WiMAXの新しい通信制限について簡単に解説しています。
WiMAX2+の通信速度が440Mbpsから558Mbpsに高速化
2017年の9月からWiMAX2+の通信速度が最大下り440Mbpsから558Mbpsに強化され、東京・名古屋・大阪の東名阪に提供開始される予定になっています。440Mbpsから558Mbpsに高速化が実現できたのも256QAM(変調方式)を取り入れることによって可能となり、ハイスピードプラスエリアモードでは、4G LTEとの同時利用により最大下り708Mbpsも実現しています。
auひかりのギガ得プランは安い!?それとも高い?
auひかりには様々なプランの中でもギガ得プランは最大1Gbpsの快適な通信速度で、それだけでなく料金面も非常にお得なプランとなっています。当ページでは、auひかりのギガ得プランについて解説しています。
auひかりホーム(s)プランはNTT!?
auひかりの戸建てプランの中で、ホーム(s)プランという名称のプランは、auひかりサービスを提供しているプランではありますが、実際の足回りの回線は、NTTを使うサービスとなっているのです。
auひかりマンションタイプごとの料金と意味の違い?
auひかりのマンション契約は、マンションのタイプによって料金が異なっており、また、マンションタイプの意味も違っています。当ページでは、マンションタイプごとの内容や料金の違いを解説しています。
auひかりの対応エリア外について
auひかりは、対応しているエリア範囲が決まっており、エリア外の地域では利用したい場合でも利用できない地域があります。当ページでは、auひかりのエリアについて解説しています。
フレッツ光がエリア対応していない場合
フレッツ光は、全国のエリアに対応した光回線で人気の高い光回線ですが、全国エリア対応と言っても必ずどこでも利用できるとは限らずエリア外の地域も存在しています。
フレッツ光の東日本と西日本の違いって?
フレッツ光のプランや料金内容は東日本、西日本で異なっているのはご存知ですか?今フレッツ光を検討中という方は東日本、西日本の料金やプランを把握しておくと良いでしょう。
フレッツ光のギガマンションプランは実は通信速度が遅い!?
フレッツ光のギガマンションプラン(ギガファミリー)は、フレッツ光のプランの中でも最も通信速度が速い最大1Gbpsが魅力のプランではありますが、Wi-Fiでの利用では通信速度が遅くなってしまうこともあります。
フレッツ光ライトプランは速度が遅く契約しない方がいい
フレッツ光のプランである「ライトプラン」は、料金面では一番お得なプランで最も格安な料金で提供が行われているプランではありますが、通信速度はフレッツ光のプランの中で、最も遅くライトプランに契約したことで後悔している方も多くいる程注意しておく必要があるプランです。
フレッツ光のマンションタイプとプランごとの違い
フレッツ光のマンションには様々なタイプが用意されており、マンションの建物によってプランが違ってきます。このプランとタイプの違いによって月々料金や通信速度が異なっているのです。
プロバイダ代理店での申し込みは注意が必要!?
各プロバイダの代理店からの申し込みはキャッシュバックや割引が受けられるメリットがありますが、代理店からの申し込みは注意する必要もあります。
オンラインゲームにおいて光回線やADSL、Wi-Fiの違い
オンラインゲームなどを快適に楽しみたいとお考えの方は、光回線やADSL、Wi-Fiなど様々あるインターネット回線の違いって何なの?と思われる方も多いでしょう。そこで、当ページではオンラインゲームに適したインターネット回線をご紹介しています。
光回線が対応していない物件で対応させる方法
自宅に光回線を通したいけど対応していない方は多くいるでしょう。しかし、場合によっては申し込みたい回線事業者に連絡することで対応できることもあります。
marubeni光は光コラボの中で料金やキャッシュバックが一番お得!?
光コラボの中でも評判のある「marubeni光」、別名「mひかり」は、キャッシュバックの高さや料金の安さに定評がある光コラボとなっています。
eo光の料金は激安で通信速度も速い!?
関西エリアで提供されているeo光は、料金も安く通信の品質の高さから多くの評判を集めている光回線で、当ページでは、eo光の料金内容や通信速度について解説しています。
コミュファ光の評判や料金について
コミュファ光は、東海地方限定で提供されている光回線で、他の光回線より圧倒的に安い料金内容で評判も高く、通信速度も最大1Gbpsと評判の高い非常に優れた光回線となっています。
ピカラ光のエリア・料金・速度の評判はかなり良い!?
ピカラ光は、四国限定の光回線サービスで、料金・速度ともに評判が高く、2017年には「日本固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度」で四国エリア総合満足度第1位を受賞しているほどの光回線となっています。
So-net 解約方法と引越し方法
So-netプロバイダをご契約している方で、解約や引っ越し手続きが、どこにあるのか分からないという方に向けたページです。
yahoobb 解約方法・引越し方法
yahoobbプロバイダをご契約している方で、解約手続きや引っ越し手続きの方法が分からないという方に向けたページです。簡単に解約・引っ越し手続きの方法をご紹介しています。
BIGLOBE 解約方法と引越し方法
BIGLOBEプロバイダをご契約している方で、解約や引っ越し手続き方法が分からないという方に向けたページです。
GMOとくとくBB 解約手続きと引越し手続きについて
GMOとくとくBBプロバイダをご契約している方で、解約や引っ越し手続き手順がわからないという方に向けたページです。
OCN 解約手続きと引越し手続き
OCNプロバイダをご契約している方で、解約や引っ越し手続きを簡単にご紹介しているページです。


プロバイダ検索 プロバイダ一覧 フレッツ光 申し込み auひかり 申し込み 光コラボ 申し込み WiMAX 申し込み