インターネット回線・光回線は2年毎の乗り換えがお得!でも危険!?


現在、すでにインターネット回線を契約している方で、特に光回線を契約されている方は、「2年契約」をされている方が多くいるでしょう。

 

皆さんは、2年契約の期間が切れれば、多くの場合そのまま継続して使い続けるという方がほとんどでしょうが、光回線の2年契約にはいくつかのデメリットがあり、かなり危険なものでもあります。

 

光回線を2年契約で使い続けるデメリット


インターネット回線を2年契約以上使い続けることで起こるデメリットがいくつかあります。もし、2年契約で契約されている方は以下のデメリットについて知っておきましょう。

 

 

2年契約で使い続けるデメリット

契約期間内の解約は違約金が掛かる

2年契約は、その名の通り2年間必ず利用するための契約であり、これを無視しての解約は「違約金」が掛かってしまい、2年契約の更新月に解約せずそのまま契約を更新すれば次の更新月まで解約する際には違約金が掛かってしまいます。

 

「違約金」は回線事業者によって様々ですが、「約10,000円以上」もの費用が掛かってしまいます。

 

そのため、契約期間内の解約は無駄な費用が重なってしまい、2年契約が過ぎてからさらに自動更新で契約年数が伸びてしまえば、さらに乗り換えづらくなってしまいます。

 

2年契約以降の割引額が適用されない場合がある

新規で2年契約をすることで、「にねん割り」という割引サービスが適用できることで契約する人が多いのですが、「にねん割り」のような割引内容は2年以上使い続けることで、割引が適用されなくなってしまいます。

 

新規での契約は、期間内は割引サービスで基本料金がお得で利用し続けることの方が良いのですが、事業者によって契約期間が過ぎてしまえば、割引が適用されないまま元の基本料金に戻ってしまう事業者も多くあります。

 

2年契約では以上のようなデメリットがあり、更新月以外では違約金が掛かってしまうことや2年以上使い続けることで割引サービスが適用されないという点を注意しなければいけません。

 

2年契約で契約されている方は、更新月に乗り換えて、キャッシュバックやプレゼントキャンペーンを狙って乗り換える方がお得になることが多くあります。

 

また、乗り換えによる新規契約で新たに割引サービスを適用できる点でも今よりももっとお得にるケースもありますので、今の回線事業者を2年以上利用し続けるよりも新たな回線事業者に乗り換えた方がお得なキャンペーン・サービスを利用できるメリットなどが豊富にあります。

光回線の2年契約の仕組みと乗り換え


光回線で2年契約されている方の場合は、2年契約の更新月での乗り換えは状況によっては危険なこともあります。

 

そこで2年契約の簡単な仕組みについて解説していきたいと思います。

 

 

光回線の2年契約のシステム

光回線 2年契約

光回線 2年契約


 

2年契約での工事費の分割払いは基本的に多いですが、工事費の分割払いは、大体月29~30回払いという内容になっており、支払いが終わるまでに最低でも「約3年間」の期間が必要となります。

 

そのため、2年契約の更新月に乗り換えを行っても、工事費を分割払いされいている方は、残りの工事費は支払い続ける羽目になります。

 

結論2年契約では分割払いの工事費は必ず残ってしまうシステムになっています。

 

上記のように光回線の工事費の分割払いは、約3年間程の支払いが続いてしまうため、2年契約での更新月の乗り換えは避けた方が良いのですが、乗り換え先の事業者によっては、工事費の分割払いが残っていても問題ない場合もあります。

 

2年契約での乗り換え先の選び方

 

工事費の分割払いが済んでいない場合は、乗り換えは避けるべきですが、乗り換えた先の事業者が前の回線をそのまま利用する形を取る場合は、分割払いが済んでいなくても全く問題ありません。

 

例えば、フレッツ光を契約していて光コラボに切り替えた場合、光コラボ事業者はフレッツ光の回線をそのまま利用するので、新たな工事やフレッツ光の回線の撤去なども行いません。

 

これにより、工事費が残っている状態で乗り換えた場合でもそのまま回線は利用していくことになりますので、工事費が残っていても問題なく切り替えることができます。

 

上記のように工事費が残っている状態であっても乗り換え先の事業者によって前の回線をそのまま利用する事業者であれば工事費の残りを気にすることなく乗り換えることができます。

 

また、乗り換え先の事業者によっては、今よりも月々料金が安いインターネット回線に乗り換えれるだけでなく、お得なキャンペーンなどでさらにお得になるメリットがあります。

 

中でも、キャッシュバックキャンペーンを適用させた乗り換えがおすすめで、キャッシュバックを狙った乗り換えを行う人も数多くいます。

 

その際、キャッシュバックに関しての、適用内容や金額をよく確認しておかなければ逆に損してしまうこともあるため、キャッシュバックの選び方にも注意しておきましょう。

 

乗り換え先のキャッシュバックの選び方

プライオリティ
(フレッツ光)

光回線 2年契約

ネットナビ
(フレッツ光)

光回線 2年契約


 

各回線事業者が行っているキャッシュバックキャンペーンについてですが、申し込む回線事業者によって、その金額は大きく違っており、同じ回線事業者であっても代理店ごとのキャッシュバック金額は異なっています。

 

例えば、同じフレッツ光の回線事業者であっても、申し込む代理店によってキャッシュバックの受け取り期間や金額は各代理店で違っており、キャンペーン内容は同じ回線事業者であっても各代理店をしっかりと比較してから乗り換えを行うとよりお得な乗り換えに繋がります。

 

フレッツ光の代理店比較はこちら

 

auひかりの代理店比較はこちら

 

上記のようにキャッシュバックキャンペーンは、各事業者によって金額が変わってくるだけでなく、同じ事業者であっても代理店よってもキャッシュバックの金額は違います。

 

よりお得な乗り換えをしたいと考えている方は、各事業者・各代理店のキャッシュバック内容はしっかりと比較してから選ぶようにしましょう。

 

また、乗り換え時には、キャッシュバックキャンペーンだけでなく割引サービスにも注目して選ぶと、さらにお得に契約することができます。

 

乗り換え先の割引サービスの選び方

光回線 2年契約

光回線 2年契約


 

乗り換えることで、お得なキャンペーンを適用できることが大きなメリットでもありましたが、乗り換えた先の事業者によっては、割引サービスも注目して見ておくと、さらに今の月々料金よりもお得になるケースが多くあります。

 

例えば、auスマホ・タブレットをお使いの方を対象とした割引サービスを展開している「auひかり」やSoftbankスマホを対象とした割引を行っている「Softbank光」「NURO光」ではスマホ料金が安できるサービスなどが良い例でしょう。

 

こういったスマホを対象とした割引サービスは、自分の利用しているスマホなどの料金をお得にできるので、キャンペーンのみならず割引サービスも十分考慮して選ぶことで、スマホ料金+ネット料金もお得にすることが可能な光コラボなど、乗り換えの際は自分に合った割引サービスを行っている回線事業者に乗り換えることがおすすめです。

 

ソフトバンクスマホ割引

 

auスマホ割引

 

ドコモ光スマホ割引

 

また、スマホを対象とした割引サービスはもちろんですが、光回線などへの乗り換えの場合、開通工事などの費用が割引となるサービスや事業者側があらかじめ指定された契約期間でのプランに申し込むことで割引が適用されるサービスなどもありますので、こういったサービスも注目して選ぶことが大切です。

まとめ

いかがでしたか?

 

2年契約は契約期間内には解約するにも無駄な費用が掛かってしまい、2年~3年以上使い続けることで契約期間内に適用していた割引サービスも適用されなくなってしまいます。

 

そのため、契約期間が近づけば新たなインターネット回線に乗り換えて、キャッシュバックや無料プレゼントなど新たな割引サービスなども考慮して乗り換えれば、残りの工事費などを含めても結果的に乗り換えた方がお得なインターネット回線・プロバイダにできる可能性がありますので、2年契約をされている方は一度乗り換えを検討してみることをおすすめします。

関連記事

プロバイダの転用と乗り換えの違いって何なの?
一般的なプロバイダ事業者の乗り換えとは別の方法である転用というのが出はじめています。そこで当ページでは乗り換えと転用の違いや転用の際に必要なものや費用などについても簡単に解説しています。
プロバイダによって通信速度が変わるの?変わらないの?
プロバイダによる通信速度への影響は、実際のネット回線の通信速度には影響がありません。当ページでは、プロバイダによる通信速度についての解説を行っています。
プロバイダの実質費用の落とし穴
プロバイダ申し込みの際によく見られる、実質費用と表記されているサイトがありますが、この実質費用だけで申し込みを判断することは非常に危険なので、当ページでは実質費用の簡単な解説や注意点についてご紹介しています。
プロバイダの契約期間と違約金とは?
プロバイダのほとんどの契約内容には、「契約期間」の条件が設定されており、プロバイダ事業者によって内容が違っていたり、契約期間に関係している「違約金」についてもプロバイダによって大きな違いがあります。当ページでは、プロバイダの契約期間・違約金について分かりやすく解説しています。
プロバイダを確認する方法は簡単!?
プロバイダを解約する際、現在契約中のプロバイダがどこの事業者か忘れてしまった方に、簡単に契約中のプロバイダを調べる方法をご紹介しています。
プロバイダを変更する際のおすすめタイミングはここ!!
プロバイダを変更する際のおすすめのタイミングはいくつかあります。ほとんどの方は満了月の更新の際や引越しなどで移住する場合に新しいプロバイダへの変更を考えることが多いでしょうが、タイミングを間違えてしまうと手続きがうまくいかないこともあります。当ページではプロバイダを変更する際の様々な注意点やタイミングについて解説しています。
光回線のキャンペーンの罠
インターネット回線やプロバイダの申し込みは新規契約の場合、必ず「新規」扱いになりお得なキャンペーン特典が適用できます。当ページでは、インターネット回線の申し込み時に適用できるキャンペーンについての解説とおすすめのキャンペーンをご紹介しています。
プロバイダのメールアドレス残しが出来る事業者
プロバイダが変わってしまうことで、以前まで利用していたプロバイダのメールアドレスは使えなくなっていしまいます。当ページでは、プロバイダのメールサービスを残せる事業者をご紹介しています。
プロバイダのキャッシュバックキャンペーンは注意が必要!
プロバイダのキャッシュバックは、一見すると内容はお得なキャンペーンに見えますが、キャッシュバックが最大ということに注意しなければ結果的に損したり、キャッシュバック自体受け取れなっかたケースが多くあります。
プロバイダ乗り換え・引越し手順
プロバイダを乗り換える際の手続きの流れや引越しの際の手続きの流れを簡単に解説しています。。他にも人気の乗り換え先プロバイダ事業者もご紹介していますので、プロバイダ乗り換え・引越し手続きにお困りの方は是非参考にしてみてください。
インターネット回線の乗り換え・引越し手順
インターネット回線の乗り換えや引越し手続きについて解説しているページで、初めて乗り換え・引越しを行う方に簡単な手順を解説しています。
インターネット回線を新しいものに乗り換える際の注意点
インターネット回線を新しいものに変更する際は、注意しなければならないポイントがいくつもあり、思ってた以上に出費が激しいということになりかねません。当ページでは変更時の注意すべきポイントを簡単に解説していますので、初めて乗り換えを検討される方は参考にしてみてください。
インターネット回線の乗り換えがお得な理由とは?
インターネット回線の乗り換えをすることはお得だと言われがちですが、なぜお得なのか?その理由について解説しているページです。
光コラボへの転用・乗り換えは危険?!
光コラボへの転用は、工事などの手間が掛からず、フレッツ光から転用できるNTTの新モデルで、様々なメリットのあるのモデルですが、光コラボに転用することでデメリットとなる危険な部分も存在しています。
光回線の料金をギリギリまで安くする手段
今光回線を利用されている方で、料金に不満を持っている方は多いでしょう。当ページでは光回線の料金を安くするための手段を色々ご紹介していますので、光回線の料金が気になる方は是非参考にしてみてください。
光回線からWiMAXへの乗り換えはメリットがたくさんある?
光回線からwimaxへ乗り換えることでさまざまなメリットがあり使い勝手が良いwimaxは、非常におすすめできるポイントがあり、またデメリットも存在しています。
ADSLから光回線への乗り換えのメリットとは?
ADSLから光回線へ乗り換えた際のメリットや、光回線へ乗り換える際の注意点などを簡単に解説しているページです。
auひかりとフレッツ光どっちがおすすめ?
インターネット回線の乗り換えをする際、光回線を利用したいと思っている方の多くは、「auひかり」か「フレッツ光」のどちらにするか迷っている方が多いでしょう。そこで「auひかり」「フレッツ光」双方のメリットをご紹介!!
プロバイダ契約後のPCへの設定方法
プロバイダを新しく契約した際、PCを利用する場合はインターネット接続設定を行う必要があります。設定には契約したプロバイダの「ID」・「パスワード」が必ず必要になりますので、契約したプロバイダの契約書などは大事に保管しておきましょう。


プロバイダ検索 プロバイダ一覧 フレッツ光 申し込み auひかり 申し込み 光コラボ 申し込み WiMAX 申し込み