光回線の料金をギリギリまで安くする手段

光回線 安い

 

現在光回線を契約していて、最近になって毎月の料金が高いと思い始める方は、毎月の料金を安くするため、乗り換えやプラン変更などを検討する方も多いでしょう。

 

特に、他のインターネット回線(ADSL回線やモバイル回線)から乗り換えて光回線にした人は、より料金への不満が出てしまいがちです。

 

そこで、当ページでは光回線の料金を多少なりでも安くできる方法をいくつかご紹介して行きたいと思いますので、光回線の料金が気になる方は参考にしてみてください。

 

※前置きとして事業者によって使える使えない方法もあります。

 

光回線の料金を安くする方法

光回線の料金を安くする方法

プロバイダのみの乗り換えで安くする

 

光回線 安い

 

光回線の料金を簡単に安くする手段として、プロバイダのみの乗り換えで料金を安くする方法があります。

 

この方法は、光回線でも「フレッツ光」のみしか行えない方法になりますが、プロバイダのみの乗り換えは、インターネット回線を丸ごと乗り換えるよりも少ない費用で済み、特に、この方法は光回線とセットで新規契約した方に効果のある方法になります。

 

プロバイダのみの乗り換えは、選ぶ事業者によって安くもなり、また高くもなりますので、プロバイダの乗り換えの際は、今のプロバイダよりも料金の安いプロバイダに乗り換えることで簡単に毎月の料金を簡単に安くすることができます。

 

  • マンション
  • 戸建て

 

プロバイダ料金(マンション)

プロバイダ 月額基本料 対応回線
光回線 安い ¥500~ フレッツ光
光回線 安い ¥550~
  • フレッツ光
光回線 安い ¥600~ フレッツ光
光回線 安い ¥680~ フレッツ光
光回線 安い ¥800~
  • フレッツ光
光回線 安い ¥890~ フレッツ光
光回線 安い ¥900~
  • フレッツ光
光回線 安い ¥900~
  • フレッツ光
光回線 安い ¥950~
  • フレッツ光
光回線 安い ¥900~ フレッツ光


プロバイダ料金(戸建て)

プロバイダ 月額基本料 対応回線
光回線 安い ¥500~ フレッツ光
光回線 安い ¥780~
  • フレッツ光
光回線 安い ¥950~ フレッツ光
光回線 安い ¥951~ フレッツ光
光回線 安い ¥1000~
  • フレッツ光
光回線 安い ¥1200~ フレッツ光
光回線 安い ¥1200~
  • フレッツ光
光回線 安い ¥1000~
  • フレッツ光
光回線 安い ¥1000~
  • フレッツ光
光回線 安い ¥1000~ フレッツ光



上記のように各プロバイダごとによって毎月の基本料金は違っており、高いものから安いもので約500円程の金額差があります。

 

特に上記のプロバイダの中でも光回線とプロバイダとセットで提供していることが多い、「So-net」や「BIGLOBE」、「@nifty」などは、他のプロバイダと料金を比較してみると、料金が高く設定されていることがわかります。

 

そのため、光回線を申し込んだ際、セットでプロバイダを申し込んだ方は、契約内容を見返してみると、プロバイダの中でも料金の高いプロバイダへ加入している可能性が高いので、このような場合、プロバイダのみの乗り換えで簡単に毎月の料金をお得にすることができるケースが多くあります。

 

プランを変更して料金を安くする

 

プラン変更で料金を安くする方法は、ごく当たり前のことになりますが、確実に今の料金より安くできる方法になります。

 

画像のようにSoftbank光の料金プランを例にすると、プランのセット内容や追加オプションの加入数によって月々の料金は大きく違っていることが分かると思います。

 

他の事業者でも同様にプランによって月々料金は大きく違っているので、もし、不要なオプションや解約しても問題のないオプションを外すことで簡単に月々料金を安くすることができます。

 

また、プラン変更で代表的なもので、「2年契約プラン」や「3年契約プラン」といった規定の契約年数のプランを変更するだけでも月々料金は変わります。

 

2年契約 3年契約
@nifty光 4,500円 4,510円
So-net auひかり 5,200円 5,100円4,900円
GMOとくとくBB auひかり 4,450円 4,150円

 

上記の3つの例でも分かる通り、契約年数のプランは、長いものにするほど月々料金が安くなるプラン内容となっており、他の事業者の中には、4年契約・5年契約プランを提供している事業者もありますので、今の光回線に料金以外での不満がない方や引っ越しの予定がない方なら契約年数のプラン変更だけでも簡単に月々料金を安くすることができます。

 

光回線を丸ごと乗り換えて安くする

 

確実に今の料金を安くする方法として誰もが思いつくであろう光回線を丸ごと乗り換えて月々料金を安くする方法があります。

 

この方法は、今契約している光回線の更新月でない限り行うことは危険で、更新月以外での光回線などの乗り換えは違約金などの大きな費用が掛かってしまうため、契約の更新月が近い方におすすめの方法になります。

 

まず、光回線を丸ごと乗り換える場合、回線事業者(光回線)+接続事業者(プロバイダ)を乗り換えることになりますので、当然乗り換えの際は、今よりも月々料金の安いものに乗り換える必要があります。

 

平均月々料金 詳細
光回線 安い

So-net auひかり

3,400円 詳細
光回線 安い

So-net NURO光

1,900円 詳細
光回線 安い

So-net 光コラボ

3,300円 詳細
光回線 安い

GMOとくとくBB auひかり

3,700円 詳細
光回線 安い

OCN光

3,600円 詳細

 

以上のような例として各光回線の月々料金は全く違っており、今の光回線とプロバイダよりも月々料金の安い事業者へ乗り換えることができれば、今よりも安く光回線を利用することができます。

 

また、乗り換えの際は、「キャッシュバックキャンペーン」などのキャンペーンを適用させれば、さらにお得な乗り換えができますので、キャンペーン内容などが自分に合った事業者を選ぶことも大切です。

光回線の料金を安くする際の注意点

光回線・プロバイダの違約金には注意しておこう

 

光回線の料金を安くしようとして乗り換えを行う場合は、光回線・プロバイダの違約金には十分に注意しておく必要があります。

 

「違約金」は、要は解約する際の費用で、更新月以外での解約を行うと掛かってくる費用になります。

 

この「違約金」は各光回線・プロバイダによって、大きく金額が違っていることがほとんどで、もし、解約を検討される方は、今の光回線・プロバイダの違約金の費用をしっかりと把握した上で行うようにしましょう。

 

プロバイダの違約金

BIGLOBE ¥5,000円
So-net ¥0円(フレッツ光の場合)
@nifty ¥3,000円(マンションは¥0円)
YahooBB ¥0円(フレッツ光の場合)
OCN ¥5,000円
DTI ¥0円(フレッツ光の場合)
ASAHIネット ¥2,000円
plala ¥0円
WAKWAK ¥6,000円
BB.excite ¥4,000円

 

以上のようにプロバイダによって、解約する際の違約金は大きく異なっており、プロバイダの違約金が発生した場合は、各プロバイダで最大でも5,000円程ほどの違約金が掛かってくることは覚えておきましょう。

 

しかし、プロバイダによって、違約金が発生しないプロバイダも存在しており、「So-net」や「YahooBB」、「DTI」の3つはフレッツ光を利用している方なら違約金が0円となっているプロバイダもあります。

 

※解約金が発生は「最低利用期間」の内に解約してしまうことで発生するもので、期間が切れると同時に解約するにあたっては発生しません。

まとめ

いかかでしたか?

 

今契約している光回線の毎月の料金が少し高いと思った方は、プランの見直しや光回線の乗り換えを検討したり、フレッツ光を契約している方なら接続事業者であるプロバイダのみの乗り換えを検討することで、簡単に今の料金を安くできる可能性がありますので、参考にしてみてください。

 

プロバイダ検索

関連記事

プロバイダの転用と乗り換えの違いって何なの?
一般的なプロバイダ事業者の乗り換えとは別の方法である転用というのが出はじめています。そこで当ページでは乗り換えと転用の違いや転用の際に必要なものや費用などについても簡単に解説しています。
プロバイダによって通信速度が変わるの?変わらないの?
プロバイダによる通信速度への影響は、実際のネット回線の通信速度には影響がありません。当ページでは、プロバイダによる通信速度についての解説を行っています。
プロバイダの実質費用の落とし穴
プロバイダ申し込みの際によく見られる、実質費用と表記されているサイトがありますが、この実質費用だけで申し込みを判断することは非常に危険なので、当ページでは実質費用の簡単な解説や注意点についてご紹介しています。
プロバイダの契約期間と違約金とは?
プロバイダのほとんどの契約内容には、「契約期間」の条件が設定されており、プロバイダ事業者によって内容が違っていたり、契約期間に関係している「違約金」についてもプロバイダによって大きな違いがあります。当ページでは、プロバイダの契約期間・違約金について分かりやすく解説しています。
プロバイダを確認する方法は簡単!?
プロバイダを解約する際、現在契約中のプロバイダがどこの事業者か忘れてしまった方に、簡単に契約中のプロバイダを調べる方法をご紹介しています。
プロバイダを変更する際のおすすめタイミングはここ!!
プロバイダを変更する際のおすすめのタイミングはいくつかあります。ほとんどの方は満了月の更新の際や引越しなどで移住する場合に新しいプロバイダへの変更を考えることが多いでしょうが、タイミングを間違えてしまうと手続きがうまくいかないこともあります。当ページではプロバイダを変更する際の様々な注意点やタイミングについて解説しています。
光回線のキャンペーンの罠
インターネット回線やプロバイダの申し込みは新規契約の場合、必ず「新規」扱いになりお得なキャンペーン特典が適用できます。当ページでは、インターネット回線の申し込み時に適用できるキャンペーンについての解説とおすすめのキャンペーンをご紹介しています。
プロバイダのメールアドレス残しが出来る事業者
プロバイダが変わってしまうことで、以前まで利用していたプロバイダのメールアドレスは使えなくなっていしまいます。当ページでは、プロバイダのメールサービスを残せる事業者をご紹介しています。
プロバイダのキャッシュバックキャンペーンは注意が必要!
プロバイダのキャッシュバックは、一見すると内容はお得なキャンペーンに見えますが、キャッシュバックが最大ということに注意しなければ結果的に損したり、キャッシュバック自体受け取れなっかたケースが多くあります。
プロバイダ乗り換え・引越し手順
プロバイダを乗り換える際の手続きの流れや引越しの際の手続きの流れを簡単に解説しています。。他にも人気の乗り換え先プロバイダ事業者もご紹介していますので、プロバイダ乗り換え・引越し手続きにお困りの方は是非参考にしてみてください。
インターネット回線の乗り換え・引越し手順
インターネット回線の乗り換えや引越し手続きについて解説しているページで、初めて乗り換え・引越しを行う方に簡単な手順を解説しています。
インターネット回線を新しいものに乗り換える際の注意点
インターネット回線を新しいものに変更する際は、注意しなければならないポイントがいくつもあり、思ってた以上に出費が激しいということになりかねません。当ページでは変更時の注意すべきポイントを簡単に解説していますので、初めて乗り換えを検討される方は参考にしてみてください。
インターネット回線・光回線は2年毎の乗り換えがお得!でも危険!?
現在契約している光回線を2年以上使い続けている方は、多くの場合そのまま継続して使い続けるという方がほとんどでしょうが、光回線の2年契約にはいくつかのデメリットがあり、かなり危険なものでもあります。
インターネット回線の乗り換えがお得な理由とは?
インターネット回線の乗り換えをすることはお得だと言われがちですが、なぜお得なのか?その理由について解説しているページです。
光コラボへの転用・乗り換えは危険?!
光コラボへの転用は、工事などの手間が掛からず、フレッツ光から転用できるNTTの新モデルで、様々なメリットのあるのモデルですが、光コラボに転用することでデメリットとなる危険な部分も存在しています。
光回線からWiMAXへの乗り換えはメリットがたくさんある?
光回線からwimaxへ乗り換えることでさまざまなメリットがあり使い勝手が良いwimaxは、非常におすすめできるポイントがあり、またデメリットも存在しています。
ADSLから光回線への乗り換えのメリットとは?
ADSLから光回線へ乗り換えた際のメリットや、光回線へ乗り換える際の注意点などを簡単に解説しているページです。
auひかりとフレッツ光どっちがおすすめ?
インターネット回線の乗り換えをする際、光回線を利用したいと思っている方の多くは、「auひかり」か「フレッツ光」のどちらにするか迷っている方が多いでしょう。そこで「auひかり」「フレッツ光」双方のメリットをご紹介!!
プロバイダ契約後のPCへの設定方法
プロバイダを新しく契約した際、PCを利用する場合はインターネット接続設定を行う必要があります。設定には契約したプロバイダの「ID」・「パスワード」が必ず必要になりますので、契約したプロバイダの契約書などは大事に保管しておきましょう。


プロバイダ検索 プロバイダ一覧 フレッツ光 申し込み auひかり 申し込み 光コラボ 申し込み WiMAX 申し込み