プロバイダを変更する際のおすすめタイミングはここ!!

インターネット回線やプロバイダの変更を検討中の方の中では、月々料金の不満や通信速度の低下など不満や引っ越しに合わせたインターネット回線・プロバイダの変更を検討する方など理由は様々でしょう。

 

しかし、変更するタイミングを間違えてしまうと、手続きが上手く進まず、手続きに数ヶ月も掛かってしまうことや、タイミングの違いによって費用面がかなり変わります。

 

また、変更時には、今契約している事業者の解約から新しい事業者への契約をする際に気を付けるポイントもいくつかありますので、インターネット回線・プロバイダの変更を検討している方は参考にしてみてください。

 

プロバイダ変更のタイミング

 

では、どのようなタイミングで、インターネット回線・プロバイダの変更すればいいのか、いくつかに分けて簡単に解説していこうと思いますので、「変更するか」「変更しないか」の参考にしてみてください。

 

プロバイダ変更のタイミング

  1. 3~4月以降の時期
  2.  

  3. 最低利用期間の更新月
  4.  

  5. キャンペーンを展開している事業者への変更

 

3月~4月以外の時期

プロバイダ おすすめ

 

インターネット回線やプロバイダの申し込みは、時期によってあまり良くないとされていないのが、3月~4月ごろの時期にかけての申し込みで、3月~4月ごろの時期は、一般的には引越しや新生活に合わせてインターネット回線・プロバイダへの申し込みを行う人が多い時期になります。

 

これにより、各インターネット回線事業者・プロバイダ事業者側の手続きが大幅に遅れてしまうことが多く、「手続きが進まない」または「手続きの返事が返ってこない」と言うような状況や工事の日時を引き延ばしさせられる、恐れがあるため、申し込んでから利用できるまで長い時間を強いられる状況になることも多々あります。

 

そのため、できる限り4月頃に近い日に申し込み手続きを行うか、3月・4月以降に申し込む方が、手続きがスムーズにできるので、少しでも余裕のある方は申し込む時期に注意しておきましょう。

 

3月~4月の時期は、住宅の引越しなどが多い時期でもあるため、それに合わせた申し込み者が急激に増えてしまう時期でもあり、手続きが混み合ってしまっている可能性が高いので新規での申し込みは、できるだけ避けた方が良いでしょう。

 

最低利用期間の更新月

プロバイダ おすすめ

 

現在利用されている契約内容の「最低利用期間の更新月」にプロバイダを変更するのが最も重要で、更新月に合わせて、事前に今の事業者の解約手続きを行えば、解約の際の「違約金」が掛からず、無駄な費用を抑えて新しい事業者に変更することができます。

 

逆に最低利用期間の更新月以外で解約てしまうと、「違約金」が発生してしまいます。違約金の費用については各回線事業者・プロバイダ事業者によって異なっていますが、約10,000円以上掛かってしまうので、できるだけ最低利用期間の更新月に解約手続きを行いましょう。

 

ですが、変更先の事業者によっては、違約金を還元してもらえる事業者もありますので、更新月を無視して乗り換えてもある程度の費用で済む事業者もあります。

 

詳しいプロバイダの契約期間と違約金についてはこちら

 

キャンペーンを展開している事業者

プロバイダ おすすめ

 

次に事業者を変更する際は、「キャンペーンを展開している事業者」に申し込むことも費用面でかなり重要となってきます。

 

キャンペーンで代表的なものを挙げると「高額キャッシュバックキャンペーン」や「割引キャンペーン」といった、申込者にとって魅力的なサービスキャンペーンを行っている事業者はいくつも存在しています。

 

中でも「キャッシュバックキャンペーン」は、条件に合った申し込みを行うことで、現金をもらうことができるキャンペーンなので、キャッシュバック目的で新しい事業者に変更する方も多いです。

 

しかし、「キャッシュバックキャンペーン」は注意しなければならないことが多く、同じ事業者であっても申し込む窓口によって大きく金額が違い、例えば「フレッツ光」に申し込む際でも、申し込む窓口・代理店によってキャッシュバック額が異なっているので同じ回線事業者でも窓口・代理店によってキャンペーン内容は変わってきますので、以下を参考にしてみてください

 

フレッツ光人気窓口

 

auひかり人気窓口

 

また、「キャッシュバックキャンペーン」は、条件を満たす必要があり、その条件内容も各代理店によっても違っており、中には条件が非常にややこしい内容の場合や月々料金が増してしまうような内容もありますので、詳しくは以下を参考にしてみてください。

 

プロバイダのキャッシュバック内容には注意が必要!

 

 

以上3つの中でも「3~4月以降・以外の時期」・「最低利用期間の更新月」の2つの条件が揃っている場合は新しいインターネット回線・プロバイダに変更することが最も費用面がやすくつき、手続きもスムーズにできます。

 

また、上記の条件が全て揃っている方なら、確実に新しいインターネット回線・プロバイダに変更する絶好のタイミングと言えますので、気軽に新しい事業者への変更を検討すると良いでしょう。

プロバイダ解約・契約の際の注意点

インターネット回線・プロバイダを変更する際は、基本的に新しい事業者の契約手続きと今まで契約していた事業者の解約手続きが必ず必要となってきます。

 

この「契約手続き」と「解約手続き」の際は、様々な要因で失敗するケースがありますので、気を付けるべきポイントをいくつかご紹介していきたいと思います。

 

 

解約手続きの気を付けるポイント

工事費の分割払いが済んでいるかの確認

光回線をご契約中の方は、工事費の分割払いが済んでいるかの確認をしておく必要があります。

 

光回線の工事費の分割払いの支払いが終わるまでに、最低でも「約3年」もの期間が必要で、工事費が残ったまま解約してしまうと、無駄に残った工事費を払い続けなければいけなくなります。

 

そのため、光回線から他の回線事業者に変更する際は、分割払いが住むまでは継続して使い続ける方が良いでしょう。

 

プロバイダのメールアドレスの併用

プロバイダを変更することによって、以前のプロバイダから提供されていたメールアドレスは利用できなくなってしまいます。

 

もし、以前のプロバイダから提供されていたメールアドレスを利用していたという方は、事前にメールでのやり取りの相手に伝えるなどして対処する方法や数ヶ月契約をそのままにしてプロバイダを併用することでも対処できます。

 

詳しいプロバイダのメールアドレス残しはこちら

 

契約手続きの気を付けるポイント

キャンペーン内容をしっかり確認

キャンペーンを狙った申し込みを行う際には、適用条件の内容をしっかりと確認しておきましょう。

 

キャンペーンの多くは、キャッシュバックキャンペーンや割引サービス、他にはプレゼントキャンペーンでPCやゲーム機、タブレット端末が「0円」といった様々なキャンペーンがありますが、中には適用条件が難しいものあります。

 

特に「キャッシュバックキャンペーン」は、高額な内容ほど追加オプション契約が適用条件のものもあり、「最大キャッシュバック」と表記されているキャンペーンの場合は、オプションの数に応じて適用される金額が増額される仕組みを取っていることが多いので、返って月々料金が高くなってしまい損してしまう可能性が高いので、キャンペーン内容の確認と適用条件はしっかり目を通してから申し込みを行いましょう。

 

工事日の調整が重要

工事日の調整は、特に光回線の場合は回線開設工事が必要で、工事の日程調整をしっかりとしておかなければインターネットが利用できない期間が生じてしまいます。

 

特に仕事やプライベートなどでも良くインターネット回線を利用しているという方は、インターネットの不通期間がでないように、回線事業者との工事日の調整をしっかりと相談しましょう。

 

また、今まで契約していた回線事業者の回線を撤去しなければいけない場合は、撤去日と開設日を同じ日に指定することが可能ですので、これにより工事によるインターネットの不通期間を防ぐことができます。

まとめ

いかがでしたか?

 

新しいインターネット回線・プロバイダに変更する際は、時期的によって手続きがスムーズに進まないこともあったり、変更する際の解約手続きから新規契約の手続きも注意点がいくつもあります。

 

もし、今までの事業者から新しい事業者に変更する際は、時期や解約・契約する際の注意点に気をつけながら慎重に行いましょう。

 

詳しいプロバイダ乗り換えと引越し手順

 

詳しいインターネット回線乗り換えと引越し手順

関連記事

プロバイダの転用と乗り換えの違いって何なの?
一般的なプロバイダ事業者の乗り換えとは別の方法である転用というのが出はじめています。そこで当ページでは乗り換えと転用の違いや転用の際に必要なものや費用などについても簡単に解説しています。
プロバイダによって通信速度が変わるの?変わらないの?
プロバイダによる通信速度への影響は、実際のネット回線の通信速度には影響がありません。当ページでは、プロバイダによる通信速度についての解説を行っています。
プロバイダの実質費用の落とし穴
プロバイダ申し込みの際によく見られる、実質費用と表記されているサイトがありますが、この実質費用だけで申し込みを判断することは非常に危険なので、当ページでは実質費用の簡単な解説や注意点についてご紹介しています。
プロバイダの契約期間と違約金とは?
プロバイダのほとんどの契約内容には、「契約期間」の条件が設定されており、プロバイダ事業者によって内容が違っていたり、契約期間に関係している「違約金」についてもプロバイダによって大きな違いがあります。当ページでは、プロバイダの契約期間・違約金について分かりやすく解説しています。
プロバイダを確認する方法は簡単!?
プロバイダを解約する際、現在契約中のプロバイダがどこの事業者か忘れてしまった方に、簡単に契約中のプロバイダを調べる方法をご紹介しています。
光回線のキャンペーンの罠
インターネット回線やプロバイダの申し込みは新規契約の場合、必ず「新規」扱いになりお得なキャンペーン特典が適用できます。当ページでは、インターネット回線の申し込み時に適用できるキャンペーンについての解説とおすすめのキャンペーンをご紹介しています。
プロバイダのメールアドレス残しが出来る事業者
プロバイダが変わってしまうことで、以前まで利用していたプロバイダのメールアドレスは使えなくなっていしまいます。当ページでは、プロバイダのメールサービスを残せる事業者をご紹介しています。
プロバイダのキャッシュバックキャンペーンは注意が必要!
プロバイダのキャッシュバックは、一見すると内容はお得なキャンペーンに見えますが、キャッシュバックが最大ということに注意しなければ結果的に損したり、キャッシュバック自体受け取れなっかたケースが多くあります。
プロバイダ乗り換え・引越し手順
プロバイダを乗り換える際の手続きの流れや引越しの際の手続きの流れを簡単に解説しています。。他にも人気の乗り換え先プロバイダ事業者もご紹介していますので、プロバイダ乗り換え・引越し手続きにお困りの方は是非参考にしてみてください。
インターネット回線の乗り換え・引越し手順
インターネット回線の乗り換えや引越し手続きについて解説しているページで、初めて乗り換え・引越しを行う方に簡単な手順を解説しています。
インターネット回線を新しいものに乗り換える際の注意点
インターネット回線を新しいものに変更する際は、注意しなければならないポイントがいくつもあり、思ってた以上に出費が激しいということになりかねません。当ページでは変更時の注意すべきポイントを簡単に解説していますので、初めて乗り換えを検討される方は参考にしてみてください。
インターネット回線・光回線は2年毎の乗り換えがお得!でも危険!?
現在契約している光回線を2年以上使い続けている方は、多くの場合そのまま継続して使い続けるという方がほとんどでしょうが、光回線の2年契約にはいくつかのデメリットがあり、かなり危険なものでもあります。
インターネット回線の乗り換えがお得な理由とは?
インターネット回線の乗り換えをすることはお得だと言われがちですが、なぜお得なのか?その理由について解説しているページです。
光コラボへの転用・乗り換えは危険?!
光コラボへの転用は、工事などの手間が掛からず、フレッツ光から転用できるNTTの新モデルで、様々なメリットのあるのモデルですが、光コラボに転用することでデメリットとなる危険な部分も存在しています。
光回線の料金をギリギリまで安くする手段
今光回線を利用されている方で、料金に不満を持っている方は多いでしょう。当ページでは光回線の料金を安くするための手段を色々ご紹介していますので、光回線の料金が気になる方は是非参考にしてみてください。
光回線からWiMAXへの乗り換えはメリットがたくさんある?
光回線からwimaxへ乗り換えることでさまざまなメリットがあり使い勝手が良いwimaxは、非常におすすめできるポイントがあり、またデメリットも存在しています。
ADSLから光回線への乗り換えのメリットとは?
ADSLから光回線へ乗り換えた際のメリットや、光回線へ乗り換える際の注意点などを簡単に解説しているページです。
auひかりとフレッツ光どっちがおすすめ?
インターネット回線の乗り換えをする際、光回線を利用したいと思っている方の多くは、「auひかり」か「フレッツ光」のどちらにするか迷っている方が多いでしょう。そこで「auひかり」「フレッツ光」双方のメリットをご紹介!!
プロバイダ契約後のPCへの設定方法
プロバイダを新しく契約した際、PCを利用する場合はインターネット接続設定を行う必要があります。設定には契約したプロバイダの「ID」・「パスワード」が必ず必要になりますので、契約したプロバイダの契約書などは大事に保管しておきましょう。


プロバイダ検索 プロバイダ一覧 フレッツ光 申し込み auひかり 申し込み 光コラボ 申し込み WiMAX 申し込み