プロバイダの転用と乗り換えの違いって何なの?

プロバイダ 転用

 

プロバイダ事業者やインターネット回線事業者の乗り換えを行う際は、必ず解約手続きから新規契約までの流れが必要でしたが、最近では、「転用」という方法が出始めました。

 

しかし、「転用」と言っても「乗り換え」と意味はほとんど一緒なんじゃないの?と思われている方も多いでしょう。

 

ですが、「転用」と「乗り換え」とでは、大きく意味が異なるもので、費用面や手続きの流れなども大きく違っているのです。

 

一般的な乗り換え

一般的な乗り換えについては、皆さんご存知のとおり、回線事業者・接続事業者を他会社に切り替えることを指していることで、基本インターネットを行うには、回線事業者と接続事業者の二つの契約が必要で、乗り換えの際は、「解約手続き」・「新規契約手続き」が必要となります。

 

転用

転用は、フレッツ光からしか行うことができない独自のサービスで、フレッツ光から光コラボオプションサービス(光コラボ)に契約を変更することを「転用」と定義しています。

 

この転用先である光コラボは、回線事業者とプロバイダ事業者の契約が一つにまとまったもので、今までのフレッツ光の回線はそのままで、工事費などの費用は掛からず、後に解説する「転用承諾番号」を発行するだけで簡単に転用を行うことができます。

 

上記のように「転用」「乗り換え」では意味が全く異なっており、一般的な乗り換えでは、回線事業者と接続事業者を別々に契約するものでしたが、転用の場合は、転用先である「光コラボ」に回線はそのままで簡単に変更するだけの手続きだけとなります。

転用のメリットとは?

ここまで「転用」と「乗り換え」の違いについて解説してきましたが、「転用」する意味ってあるの?と思われる方も多いでしょう。

 

そこで、簡単に「転用」のメリットについていくつかまとめてみましたので、転用について気になっている方は是非参考にしてみてください。

 

転用後は支払いの管理や問い合わせ先が分かりやすい

プロバイダ 転用

 

転用の最大のメリットは、プロバイダと光回線がひとつの契約になるので、今までの料金の支払いも当然1つにまとめられ、プロバイダ料金・回線料金を別々で管理しなくても良くなりました。

 

加えて、サポート窓口もまとめられたことにより、インターネットに関する疑問や不安をプロバイダ会社へ問えば対応してもらえますので、今までの回線事業者と違い問い合わせがよりスムーズに行えるようになっています。

 

また、光コラボにフレッツ光から転用しても、今まで利用していたフレッツ光のお客さまIDをそのまま利用でき、初期設定も必要ないのでパソコン設定もそのままでインターネット回線を利用できますので、インターネット初心者の方でも複雑な通信関係の契約や設定もそのままで、簡単に分かりやすくなったインターネット回線になっています。

 

 

今までの月々料金より安くなるケースがある

プロバイダ 転用

 

転用は、フレッツ光から工事費なしで切り替えれることだけでなく、転用先の光コラボによってはフレッツ光の月々料金よりも格段にお得にすることができるメリットもあります。

 

まずは、光コラボの基本的な月々料金を他の光回線と見比べてみました。

 

フレッツ光
  • 戸建:5,200円
  • マンション:4,100円
auひかり
  • 戸建:5,200円
  • マンション:3,800円
OCN光(光コラボ)
  • 戸建:4,650円
  • マンション:3,450円

 

転用可能な光コラボは数多くありますが、今回はOCN光で比較したところ、auひかりやフレッツ光の基本料金より安い内容になっていることが分かります。

 

また、他の光コラボ事業者でも、auひかりやフレッツ光の基本料金よりも安い事業者がほとんどですので、自分に最も合ったサービスを提供している光コラボにすると良いでしょう。

 

お使いのスマホ料金を割引で安くできる

プロバイダ 転用

 

光コラボは、必ずスマホの割引サービスを展開している特徴もあり、お使いのスマホの料金を割引できる簡単に安くすることができます。

 

そのため、光コラボを選ぶ際は、利用中のスマホ機種に合わせて光コラボを選べば、転用で月々料金が安くできるだけでなく、スマホの月々料金も一緒にお得にすることができるメリットがあります。

 

ドコモスマホをお使いの方

 

ソフトバンクスマホをお使いの方

 

auスマホをお使いの方

 

転用手続きに必要なもの

プロバイダ 転用

 

転用する前には現在契約しているフレッツ光に手続き申請をしなければいけません。

 

その際、東日本側の方でしたら「NTTフレッツ光東日本」、西日本側の人でしたら「NTTフレッツ光西日本」に「転用承諾番号」を取得する手続きが必要となり、取得した転用承諾書に記載されている番号をもとにNTTへ転用のお申し込みを行います。

 

発行する手順としては、「NTT東日本」・「NTT西日本」の専用窓口(公式サイト)で、転用承諾番号の発行を依頼するだけで、発行してもらえます。

 

実際に申し込む際は、実際にかかる費用などをしっかり確認した後、必要な書類に転用承諾番号や契約者の名前など、よく確認しておきましょう。

 

転用承諾番号の有効期限

取得した転用承諾番号の有効期限は15日間となっており、光コラボへの転用申し込みには、転用承諾番号の有効期限が10日以上残っている必要があります。

 

もし、有効期限までの残日数が10日未満となる場合は、新しく転用承諾番号の取得を行う必要がありますので、「転用承諾番号」を発行する際は、転用を行うことを前提として行いましょう。

 

有効期限内に転用処理が完了しない場合は、当該転用承諾番号が失効し、先の処理ができなくなります。

 

さらに、期限が切れる前の状態であれば、再度別の転用承諾番号は発行されませんので覚えておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

 

転用は、フレッツ光の利用者限定のサービスであり、転用するためにも転用承諾番号というものを発行する必要があります。

 

また、一般的な乗り換えと違い、費用も少なく毎月の料金を簡単にお得にできるサービスとなっています。

人気の光コラボレーション

人気の光コラボレーション

プロバイダ 転用ビッグローブ光

 

 

 

▼ビッグローブ光の特徴▼

 

ビッグローブ光は、最大1Gbpsの高速通信で大容量のデータ通信も快適でプロバイダ料金込みの料金でもとってもお得な光コラボです。また、ビッグローブ光はBIGLOBEプロバイダが提供している光コラボで、365日受付のカスタマーサポートでインターネット通信などの問題があった場合でもいつでも対応してくれる安心したサポート性もあるのが特徴です。

戸建て

¥3,780円

マンション

¥2,780円



初期費用 通信速度 評価

0円

~1Gbps

 


 

プロバイダ 転用Marubeniひかり

 

 

 

 

 

▼Marubeniひかりの特徴▼

 

新たな光コラボレーションとして話題のMarubeniひかりは、大手総合商社の丸紅のグループ「丸紅テレコム」が運営している光コラボです。

他の光コラボと比べ月額料金がお得で、キャンペーンが充実しているといった魅力があり、Marubeniひかりの初期工事費は実質無料で、今なら格安に契約できる人気の光コラボとなっています

戸建て

¥4,250円

マンション

¥2,900円



初期費用 通信速度 評価
820円 ~1Gbps

 


 

So-net 光コラボレーション

 

 

 

▼So-net 光コラボレーションの特徴▼

 

So-net 光コラボレーションは、フレッツ光の新モデルとして、初めてフレッツ光から工事費なしの転用を始めたプランで、サービス提供企業との付加サービスや割引などが豊富で、サービスの組み合わせによって格安な料金内容になる光コラボとなっています。

戸建て

¥4,000円

マンション

¥2,900円



 

初期費用 通信速度 評価
800円~1,800円 ~1Gbps

 


 

さらに見る

関連記事

プロバイダによって通信速度が変わるの?変わらないの?
プロバイダによる通信速度への影響は、実際のネット回線の通信速度には影響がありません。当ページでは、プロバイダによる通信速度についての解説を行っています。
プロバイダの実質費用の落とし穴
プロバイダ申し込みの際によく見られる、実質費用と表記されているサイトがありますが、この実質費用だけで申し込みを判断することは非常に危険なので、当ページでは実質費用の簡単な解説や注意点についてご紹介しています。
プロバイダの契約期間と違約金とは?
プロバイダのほとんどの契約内容には、「契約期間」の条件が設定されており、プロバイダ事業者によって内容が違っていたり、契約期間に関係している「違約金」についてもプロバイダによって大きな違いがあります。当ページでは、プロバイダの契約期間・違約金について分かりやすく解説しています。
プロバイダを確認する方法は簡単!?
プロバイダを解約する際、現在契約中のプロバイダがどこの事業者か忘れてしまった方に、簡単に契約中のプロバイダを調べる方法をご紹介しています。
プロバイダを変更する際のおすすめタイミングはここ!!
プロバイダを変更する際のおすすめのタイミングはいくつかあります。ほとんどの方は満了月の更新の際や引越しなどで移住する場合に新しいプロバイダへの変更を考えることが多いでしょうが、タイミングを間違えてしまうと手続きがうまくいかないこともあります。当ページではプロバイダを変更する際の様々な注意点やタイミングについて解説しています。
光回線のキャンペーンの罠
インターネット回線やプロバイダの申し込みは新規契約の場合、必ず「新規」扱いになりお得なキャンペーン特典が適用できます。当ページでは、インターネット回線の申し込み時に適用できるキャンペーンについての解説とおすすめのキャンペーンをご紹介しています。
プロバイダのメールアドレス残しが出来る事業者
プロバイダが変わってしまうことで、以前まで利用していたプロバイダのメールアドレスは使えなくなっていしまいます。当ページでは、プロバイダのメールサービスを残せる事業者をご紹介しています。
プロバイダのキャッシュバックキャンペーンは注意が必要!
プロバイダのキャッシュバックは、一見すると内容はお得なキャンペーンに見えますが、キャッシュバックが最大ということに注意しなければ結果的に損したり、キャッシュバック自体受け取れなっかたケースが多くあります。
プロバイダ乗り換え・引越し手順
プロバイダを乗り換える際の手続きの流れや引越しの際の手続きの流れを簡単に解説しています。。他にも人気の乗り換え先プロバイダ事業者もご紹介していますので、プロバイダ乗り換え・引越し手続きにお困りの方は是非参考にしてみてください。
インターネット回線の乗り換え・引越し手順
インターネット回線の乗り換えや引越し手続きについて解説しているページで、初めて乗り換え・引越しを行う方に簡単な手順を解説しています。
インターネット回線を新しいものに乗り換える際の注意点
インターネット回線を新しいものに変更する際は、注意しなければならないポイントがいくつもあり、思ってた以上に出費が激しいということになりかねません。当ページでは変更時の注意すべきポイントを簡単に解説していますので、初めて乗り換えを検討される方は参考にしてみてください。
インターネット回線・光回線は2年毎の乗り換えがお得!でも危険!?
現在契約している光回線を2年以上使い続けている方は、多くの場合そのまま継続して使い続けるという方がほとんどでしょうが、光回線の2年契約にはいくつかのデメリットがあり、かなり危険なものでもあります。
インターネット回線の乗り換えがお得な理由とは?
インターネット回線の乗り換えをすることはお得だと言われがちですが、なぜお得なのか?その理由について解説しているページです。
光コラボへの転用・乗り換えは危険?!
光コラボへの転用は、工事などの手間が掛からず、フレッツ光から転用できるNTTの新モデルで、様々なメリットのあるのモデルですが、光コラボに転用することでデメリットとなる危険な部分も存在しています。
光回線の料金をギリギリまで安くする手段
今光回線を利用されている方で、料金に不満を持っている方は多いでしょう。当ページでは光回線の料金を安くするための手段を色々ご紹介していますので、光回線の料金が気になる方は是非参考にしてみてください。
光回線からWiMAXへの乗り換えはメリットがたくさんある?
光回線からwimaxへ乗り換えることでさまざまなメリットがあり使い勝手が良いwimaxは、非常におすすめできるポイントがあり、またデメリットも存在しています。
ADSLから光回線への乗り換えのメリットとは?
ADSLから光回線へ乗り換えた際のメリットや、光回線へ乗り換える際の注意点などを簡単に解説しているページです。
auひかりとフレッツ光どっちがおすすめ?
インターネット回線の乗り換えをする際、光回線を利用したいと思っている方の多くは、「auひかり」か「フレッツ光」のどちらにするか迷っている方が多いでしょう。そこで「auひかり」「フレッツ光」双方のメリットをご紹介!!
プロバイダ契約後のPCへの設定方法
プロバイダを新しく契約した際、PCを利用する場合はインターネット接続設定を行う必要があります。設定には契約したプロバイダの「ID」・「パスワード」が必ず必要になりますので、契約したプロバイダの契約書などは大事に保管しておきましょう。


プロバイダ検索 プロバイダ一覧 フレッツ光 申し込み auひかり 申し込み 光コラボ 申し込み WiMAX 申し込み