プロバイダの契約期間と違約金とは?

初めてプロバイダ契約を検討されている方やインターネットにあまり詳しくない方は、プロバイダの「契約期間」や「違約金」についてあまり詳しく知らない方も多いでしょう。

 

プロバイダの契約内容には、必ず「契約期間」が決められており、プロバイダ事業者によって内容が違っていたりもします。

 

また、契約期間に関係している「違約金」についても金額内容が違っていることが多くあり、「契約期間」「違約金」の内容の違いによって、月々料金や解約した際の費用なども大きく異なってきます。

 

そのため、プロバイダを契約する際は、「契約期間」や「違約金」について知っているだけで、月々料金や解約した際の費用を安く抑えれるプロバイダを見つけやすくもなります。

 

 

プロバイダの契約期間って何?

プロバイダを契約する際、基本的に「契約期間」(最低利用期間)という条件付けがされています。

 

「契約期間」は、ほとんど、どこのプロバイダ事業者であっても基本「2年契約」(24ヶ月)の最低利用期間を条件としてプロバイダサービスの提供を行っている事業者が大多数を占めています。

 

プロバイダの契約期間

 

そのため、ほとんどのプロバイダは、契約してから2年間は利用し続ける条件があり、この契約期間の条件を無視してプロバイダを解約してしまうと、後に解説する「違約金」がと呼ばれる費用が発生してしまいます。

 

契約期間にはメリットがある

2年契約を条件にプロバイダを契約することで、最低でも2年間は利用し続けなければ無駄な費用が掛かってしまいます。しかし、契約期間を条件に様々なキャンペーンを適用できるプロバイダもあります。

 

代表的なキャンペーン

  1. 現金キャッシュバック
  2.  

  3. PC・TV・タブレット無料プレゼント
  4.  

  5. 数ヶ月間利用料金無料
  6.  

  7. モデムレンタル無料
  8.  

 

上記のようなキャンペーンを展開しているプロバイダ事業者は数多く、基本的に2年契約で契約期間内は解約しづらくなるものの、代わりに申し込み者にはメリットとなるキャンペーンを展開していることが多いです。

 

契約期間がないプロバイダもある

ほとんど、どこのプロバイダであっても基本2年契約が条件と解説してきましたが、一部例外となるインターネット回線プロバイダも存在しており、「光コラボ」と呼ばれるモデルの一部に、その例外にあたる事業者があります。

 

その例外の光コラボと言うのは、「DTI光」「ぷらら光」「BBエキサイト光」の3つで、これら3つの光コラボ事業者では「契約期間」(最低利用期間)が設定されていません。

 

「契約期間」設定されていないことにより、いつでも解約して他の事業者に乗り換えることができます。

 

また、一定条件を満たせば最低利用期間がなくなる「IIJmioひかり」という光コラボ事業者もあり、「IIJmioひかり」では、最初の契約月から24ヶ月間の「契約期間」が設定されていますが、24ヶ月以降は最低利用期間がなくなり、実質契約期間がない事業者となっています。

 

その他にも、WiMAX以外の回線サービス利用なら「契約期間」(最低利用期間)が、キャンペーン特典などの期間を除いて「1ヶ月間」と短く、それ以降「契約期間」がなくなる「GMOとくとくBB」というプロバイダ事業者というのもあります。※GMOとくとくBBは、選ぶ回線プランによって契約解除料が掛かるプランもあります。

 

契約期間がないプロバイダの注意点

契約期間がないプロバイダは、いつでも解約できて乗り換えもしやすいのが強みではありますが、逆にキャンペーンを適用させづらい特徴もあります。

 

契約期間がないプロバイダで、何らかのキャンペーンを適用させて契約してしまった場合、キャンペーンの適用条件内容に「最低利用期間の設定」がされていることがありますので、注意しておく必要があります。

 

また、契約期間がないプロバイダのもう1つの特徴として、プロバイダの基本料金自体が安いものが多いのも特徴です。

 

しかし、プロバイダの基本料金が安い事業者に限って、プロバイダの品質的があまり良くない事業者もありますので、品質目的で選びたい方にはあまりおすすめとは言えません。

 

料金の安いプロバイダは品質が悪い!?

プロバイダの違約金って何?

「契約期間」と関係のある「違約金」は、契約条件を無視して解約する際などに掛かる費用で、プロバイダによって掛かる費用の金額は違っています。

 

例えば、契約期間が2年契約のプランの場合、契約期間内である1年目で解約をすると、高額な「違約金」が発生してしまいます。

 

例)

プロバイダの契約期間

 

プロバイダの違約金の費用は、「0円~9,500円」とプロバイダによって大きく費用が違ってくるため、急な解約が必要な場合以外は、一般的に「違約金」の費用を避けるため、「契約期間」(最低利用期間)の更新月に解約することが基本です。※「契約期間」とは別で、キャンペーン適用での最低利用期間がある場合、別途違約金が掛かることがあります。

 

プロバイダを契約する際は、「違約金」が、どのぐらい掛かるのか簡単にプロバイダの公式サイトや申し込みサイトで確認できますので、プロバイダの違約金を把握して、急な解約が必要な場合なども踏まえてできるだけ違約金の費用が少ないプロバイダを選ぶ契約の仕方もできるでしょう。

 

違約金が掛からないプロバイダ

違約金が掛からないプロバイダは、契約期間で解説したように、「契約期間」がないプロバイダなら解約による「違約金」は掛かりません。

 

「契約期間」(最低利用期間)が設定されていないことで、解約する際の「違約金」が掛からず、契約中にいつでも他のプロバイダに変更することができます。

 

また、変更先のプロバイダによって違約金を負担してもらえるキャンペーンを展開している事業者もありますので、このような事業者に乗り換える場合は、違約金を気にすることなく解約手続きを行えます。※違約金を負担してもらえるキャンペーンなどは上限額があり、プロバイダによって負担額も異なります。

まとめ

いかがでしたか?

 

プロバイダの「契約期間」は、基本2年契約が条件の事業者ばかりですが、事業者ごとに用意されているキャンペーン内容などは大きく違っているため、キャンペーン内容を考慮して選ぶことが大切です。

 

また、「違約金」についても事業者ごとに掛かる費用も違っているので、申し込みの際は違約金の費用は確認しておきましょう。

 

違約金の費用だけでも把握しておくだけで、急な解約が必要になった場合でも何の費用が掛かるのか分かるだけで安心して解約することができます。

関連記事

プロバイダの転用と乗り換えの違いって何なの?
一般的なプロバイダ事業者の乗り換えとは別の方法である転用というのが出はじめています。そこで当ページでは乗り換えと転用の違いや転用の際に必要なものや費用などについても簡単に解説しています。
プロバイダによって通信速度が変わるの?変わらないの?
プロバイダによる通信速度への影響は、実際のネット回線の通信速度には影響がありません。当ページでは、プロバイダによる通信速度についての解説を行っています。
プロバイダの実質費用の落とし穴
プロバイダ申し込みの際によく見られる、実質費用と表記されているサイトがありますが、この実質費用だけで申し込みを判断することは非常に危険なので、当ページでは実質費用の簡単な解説や注意点についてご紹介しています。
プロバイダを確認する方法は簡単!?
プロバイダを解約する際、現在契約中のプロバイダがどこの事業者か忘れてしまった方に、簡単に契約中のプロバイダを調べる方法をご紹介しています。
プロバイダを変更する際のおすすめタイミングはここ!!
プロバイダを変更する際のおすすめのタイミングはいくつかあります。ほとんどの方は満了月の更新の際や引越しなどで移住する場合に新しいプロバイダへの変更を考えることが多いでしょうが、タイミングを間違えてしまうと手続きがうまくいかないこともあります。当ページではプロバイダを変更する際の様々な注意点やタイミングについて解説しています。
光回線のキャンペーンの罠
インターネット回線やプロバイダの申し込みは新規契約の場合、必ず「新規」扱いになりお得なキャンペーン特典が適用できます。当ページでは、インターネット回線の申し込み時に適用できるキャンペーンについての解説とおすすめのキャンペーンをご紹介しています。
プロバイダのメールアドレス残しが出来る事業者
プロバイダが変わってしまうことで、以前まで利用していたプロバイダのメールアドレスは使えなくなっていしまいます。当ページでは、プロバイダのメールサービスを残せる事業者をご紹介しています。
プロバイダのキャッシュバックキャンペーンは注意が必要!
プロバイダのキャッシュバックは、一見すると内容はお得なキャンペーンに見えますが、キャッシュバックが最大ということに注意しなければ結果的に損したり、キャッシュバック自体受け取れなっかたケースが多くあります。
プロバイダ乗り換え・引越し手順
プロバイダを乗り換える際の手続きの流れや引越しの際の手続きの流れを簡単に解説しています。。他にも人気の乗り換え先プロバイダ事業者もご紹介していますので、プロバイダ乗り換え・引越し手続きにお困りの方は是非参考にしてみてください。
インターネット回線の乗り換え・引越し手順
インターネット回線の乗り換えや引越し手続きについて解説しているページで、初めて乗り換え・引越しを行う方に簡単な手順を解説しています。
インターネット回線を新しいものに乗り換える際の注意点
インターネット回線を新しいものに変更する際は、注意しなければならないポイントがいくつもあり、思ってた以上に出費が激しいということになりかねません。当ページでは変更時の注意すべきポイントを簡単に解説していますので、初めて乗り換えを検討される方は参考にしてみてください。
インターネット回線・光回線は2年毎の乗り換えがお得!でも危険!?
現在契約している光回線を2年以上使い続けている方は、多くの場合そのまま継続して使い続けるという方がほとんどでしょうが、光回線の2年契約にはいくつかのデメリットがあり、かなり危険なものでもあります。
インターネット回線の乗り換えがお得な理由とは?
インターネット回線の乗り換えをすることはお得だと言われがちですが、なぜお得なのか?その理由について解説しているページです。
光コラボへの転用・乗り換えは危険?!
光コラボへの転用は、工事などの手間が掛からず、フレッツ光から転用できるNTTの新モデルで、様々なメリットのあるのモデルですが、光コラボに転用することでデメリットとなる危険な部分も存在しています。
光回線の料金をギリギリまで安くする手段
今光回線を利用されている方で、料金に不満を持っている方は多いでしょう。当ページでは光回線の料金を安くするための手段を色々ご紹介していますので、光回線の料金が気になる方は是非参考にしてみてください。
光回線からWiMAXへの乗り換えはメリットがたくさんある?
光回線からwimaxへ乗り換えることでさまざまなメリットがあり使い勝手が良いwimaxは、非常におすすめできるポイントがあり、またデメリットも存在しています。
ADSLから光回線への乗り換えのメリットとは?
ADSLから光回線へ乗り換えた際のメリットや、光回線へ乗り換える際の注意点などを簡単に解説しているページです。
auひかりとフレッツ光どっちがおすすめ?
インターネット回線の乗り換えをする際、光回線を利用したいと思っている方の多くは、「auひかり」か「フレッツ光」のどちらにするか迷っている方が多いでしょう。そこで「auひかり」「フレッツ光」双方のメリットをご紹介!!
プロバイダ契約後のPCへの設定方法
プロバイダを新しく契約した際、PCを利用する場合はインターネット接続設定を行う必要があります。設定には契約したプロバイダの「ID」・「パスワード」が必ず必要になりますので、契約したプロバイダの契約書などは大事に保管しておきましょう。


プロバイダ検索 プロバイダ一覧 フレッツ光 申し込み auひかり 申し込み 光コラボ 申し込み WiMAX 申し込み