フレッツ光の評判から見るメリット・デメリットを徹底解説!

フレッツ光 評判

 

NTTのフレッツ光は評判も高く光回線の中でも全国に対応した光回線と言うことで、利用者が最も多い回線業者として「CM」や「広告」などで誰もが一度は見たり聞いたりしたことがあるほど知名度が高い光回線でしょう。

 

さらに、フレッツ光は全国対応と言ことだけでなく「豊富なプラン」「お得なキャンペーンサービス」で、申込者にはうれしいメリットが豊富な点でも評判を集めています。

 

しかし、フレッツ光は評判のある光回線ではありますが、悪い評判の声もいくつかあります。

 

もし、フレッツ光への乗り換えや新規での契約をお考えの方は、フレッツ光の評判を元にメリット・デメリットをまとめてみましたので、申し込み前の参考にしてみてください。

 

フレッツ光の評判


フレッツ光には様々な評判の声があり、良い評判や中には悪い評判もいくつかあります。

 

フレッツ光の良い評判や悪い評判を簡単にまとめてメリット・デメリットについて解説していきたいと思います。

 

▼フレッツ光の評判の良い声▼

ニンジン小僧さん:男性:石川県

 

通信も安定していて、料金も光回線では普通の料金なので、満足です。

 

スピードも申し分ないのも良いです。

 

 

はなさん:女性:千葉県

 

工事の立会の時にセッティングなどお任せでやってもらえて工事完了後に「名刺」まで渡してくれる親切な対応で

 

光回線の不具合などに、連絡を入れると修理してくれるアフターサービスも万全なので本当に満足しています♪


 

tomoさん:男性:滋賀県

 

元々マンションに導入されていたフレッツ光に加入しましたが、今のところ問題なく使えています。

 

でも、夜の通信がちょっとだけ遅いかな~

ポム子さん:女性:静岡県

 

夜の時間帯でも、いつでも問題なく快適につながるので、子どもが寝てからネットを使う場合もイライラせずにゆっくりネットを見ることができて助かります。


 

五郎さん:男性:福岡県

 

間違いなく回線速度はフリーズもなく快適ですし不満足な面はありません。強いて言うなら料金をもうちょっと安くしてほしいです。

マッコリさん:男性:福岡県

 

通信や料金も良く、問い合わせの対応もしっかりとしていて、回線不調があっても安心して利用できそうです。


フレッツ光の評判の声


1.通信速度が快適!

 

2.比較的料金が安い!

 

3.サポート窓口の対応が良い!

 

フレッツ光の評判の良さは、インターネット回線で重要視されやすい「通信速度」や「料金」に関して定評のあるインターネット回線でもあり、特に「サポート窓口の対応性」に評判があります。

 

全体的に光回線業界は、窓口での対応性には利用者からの不満の声があることが多いのですが、フレッツ光では、問い合わせ窓口への不満の声が少ないのが特徴であり、利用前の問い合わせにもしっかりと対応してくれたと言った声も多くありました。

 

また、フレッツ光を利用していて、「ちょっとした不具合への問い合わせ対応もしっかりとしていると言う声」や「料金への不満についての相談や他インターネット回線と比較して、問い合わせた人に合った他社のインターネット回線をお勧めすると言った親切な対応力」など、高評価の声が多くあるのがフレッツ光の大きな評判となっています。

 

そのため、契約後のトラブルの際などもフレッツ光では的確に対応してくれるので、サポート窓口の対応性を考えてフレッツ光を選ぶのも良いでしょう。

 

次に、フレッツ光の評判の声にもあった「通信速度」に関しては、通信速度はプランによりますが、最大で上り・下り1Gbpsのデータ通信で、ネットサーフィンや動画視聴などもスムーズと言う声も多くあり、「料金」に関しても、豊富な割引サービスやキャンペーンを適用させることで、実質費用もお得にできる点で「通信速度」・「料金」共に評判の良い声がいくつもあります。

 

▼フレッツ光の評判の悪い声▼

yanさん:男性:大阪府

 

いろいろ比較すると月額料金が安くてもモデムのレンタル代が取られたりするので、結局各社ほぼ同一料金だった。

Fuさん:男性:静岡県

 

選んだプロバイダをSo-netにしたら料金が高くなって、料金内容に書いているような月額にならなかった。


asakiさん:男性:東京都

 

夜7時ごろぐらいの時間帯に動画見てるとカクつく時があったり、ダウンロードも時間がかかる時があって、乗り換えようかと思わされる。

草五郎さん:男性:京都府

 

ホームページでの記載が分かりにくく申し込みしたところ、キャンペーン価格にならず高い金額を強いられました。


565さん:男性:鳥取県

 

夜間帯になるとADSL並みに遅くなります。
サポート窓口の電話も平日日中帯はなかなか繋がらない事が多いです。夜とかは隙間を狙うと案外繋がります。

まさやんさん:男性:新潟県

 

契約して不満はないです。速度に関しては契約している地域にもよるので、プロバイダ選びは運とも言えます。


フレッツ光の悪い評判


1.地域・時間帯によって通信速度が遅い!

 

2.平日の日中帯は窓口に繋がりづらい!

 

3.プロバイダ料金が含まれていない表記が多い!

 

フレッツ光の良い評判は、「通信速度」や「料金」に定評がありましたが、フレッツ光を利用する地域によっては「時間帯」や「建物」などによっては、「通信速度が大きく低下してしまう」という不評があります。

 

実際の通信速度と言うのは、地域や環境によって必ず変わってくるため、実際に利用するまで通信速度がどの程度の速度なのか判断が難しいのが現状です。
そのため、実際の通信速度がどれぐらい見込めるのか、申し込む際にサポート窓口にて調査をお願いするのが良いでしょう。

 

次に、フレッツ光の料金内容に関して、申し込む際に記載されていた料金と実際の料金が違うということでの不評があり、フレッツ光を申し込む際に記載されている料金が基本的にプロバイダの料金を含めていないことが多く、実際に支払う料金より高く感じてしまう人が多くいます。

 

その他にも「月々料金以外にモデムのレンタルをしている人」や「キャンペーンを適用していない人」、「料金の高いプロバイダを契約している人」は、特にフレッツ光の月々料金に不満が出てしまっているケースが多いようです。

 

そのため、「月々料金以外にモデムのレンタルをしている人」は、無線LANのレンタル費用がISP料金に含まれているなら、無線LANルータを自身で用意してアクセスポイントとして利用すれば、簡単に安価になる場合もあり、「料金の高いプロバイダを契約している人」は、回線はそのままでプロバイダのみの乗り換えが行えますので安いプロバイダへ乗り換えることで数百円単位ですが安くすることができます。

 

キャンペーンを利用していない人」は、すでにフレッツ光を利用中の方は途中からのキャンペーン適用は難しいものもありますが、新規で申し込む際には必ず割引キャンペーンなどの適用内容を確認してから申し込むことでお得な契約をすることができます。

 

ですが、中にはキャンペーンでも適用させない方が良いものもあり、例えばフレッツ光のキャンペーンである「NTTCom」のような加入してポイントをためれるキャンペーンサービスでは、NTTComからの請求「税込200円」(ユニバーサルサービス料込)の請求が契約間払い続けなければならないようなキャンペーンもありますので、こういったキャンペーンは基本料金が高くなってしまうため、あまりおすすめできないキャンペーンもあるので注意しておきましょう。

 

最後に「平日の日中帯は窓口に繋がりづらい!」と言うことに関しては、問い合わせが殺到していることで、日中の時間帯は繋がりづらいと言う悪い点があります。

 

もし、日中にどうしても繋がらない場合は、夜間の間に問い合わせてみると繋がりやすいと言う声もありますので、全く繋がらないということはありません。

 

フレッツ光の評判まとめ

 

 

フレッツ光の評判をまとめてみると、「通信速度」や「料金」に関しては、良い声・悪い声どちらもあり、料金の評判では、フレッツ光の内容をしっかり確認していなかったことで、思っていたより料金が高かかったという声が見受けられますので、フレッツ光をお申し込みの際は、内容はしっかりと確認する必要があります。

 

通信速度に関しては、地域や選ぶプロバイダによって左右されることから、人によって様々ですので、フレッツ光のプロバイダ選びに悩まれている方は、バックボーン領域も考えて有名どころの「OCN」や「BIGLOBE」辺りの評判のあるプロバイダにするのが無難でしょう。

フレッツ光のメリットについて


フレッツ光の評判は、通信速度・料金の評判はもちろんオペレーターにまで評判がある光回線です。

 

その評判からフレッツ光のメリットについて簡単に解説を行っていきますので、フレッツ光への申し込み前の参考にしてみてください。

 

 

フレッツ光のメリット

 

高速通信でデータ通信もサクサク

 

フレッツ光は光源を利用した光信号を用いた回線技術で、他のインターネット回線である「ADSL」や「Wi-Fi」といったものよりも安定した高速通信を行うことができるインターネット回線になっています。

 

ADSLなどの場合、電話回線の高周波を用いた回線技術で通信を行う際、どうしても電話局との距離や建造物で通信に影響が出てしまうものですが、フレッツ光などの光回線は、光源を用いて通信を行うため、光の速さでの通信というのは電話局との距離によっての通信速度の影響がなく、安定して通信を行うことができます。

 

また、フレッツ光で利用する光ケーブルは、部屋内まで直接ケーブルを引き込むため、周りの建造物からの通信速度への影響に強く、安定した高速通信がフレッツ光の大きなメリットであります。

 

割引サービスで月々料金がお得

 

フレッツ光は申し込む際、様々な割引サービスを展開しており、サービスを利用することによって初期費用や月々料金も比較的お得にフレッツ光を利用することができます。

 

フレッツ光の基本料金は、割引などを適用しない場合、少々料金が高い印象を受けますが、割引サービスなどを利用することによってほとんどの場合、基本料金よりも安い料金で利用することができます。

 

例として、「年数ごとに月額料金が安くなる割引サービス」、「2年間継続で大幅に安くなるサービス」「乗り換え者対象の割引サービス」「新規契約者を対象とした割引サービス」などなど、

 

こういった割引サービスが時期によって内容が変動することもありますが、以上の割引サービスはいつでも展開していますので、基本料金よりも安い月々料金でフレッツ光を利用することができます。

 

キャッシュバックが高額

 

割引サービスに続いて、フレッツ光では魅力的なキャンペーンが豊富にあります。特に注目する部分は、高額な内容の「キャッシュバック」が目を引きます。
キャッシュバックは、フレッツ光や他の光回線事業者全般が行っているのをよく目にするものですが、フレッツ光の場合、キャッシュバック額が最大で、「¥60,000万円」を超えるキャッシュバックキャンペーンを行っている専用窓口(代理店)もあり、フレッツ光には高額な内容のキャッシュバックを狙った乗り換えや新規契約がおすすめです。

 

また、キャッシュバック以外にも「PC」「タブレット」「ゲーム機」などのプレゼントキャンペーンを行っている窓口まで存在しており、幅広いキャンペーンを展開しているのもフレッツ光ならではのことです。

 

もし、フレッツ光のお申し込みの際、PCなどの機器が欲しいという方は、プレゼントキャンペーンを行っている窓口で契約すると良いでしょうし、現金が欲しいという方なら、キャッシュバックをもらえる窓口での契約をすると良いでしょう。

 

光コラボへ工事費なしで転用が可能

 

フレッツ光には、新モデルである「光コラボレーション」通称光コラボへの転用を行うことができます。

 

通常、インターネット回線の乗り換えなどは、大きな費用が掛かってしまいがちですが、フレッツ光を利用している方限定で「乗り換え」ではなく、「転用」と言う形を取ることができ、工事費などの費用を掛けずにお得なインターネット回線へ切り替えることができます。

 

また、転用の際は元々フレッツ光で使用していた「パスワード」や「ID」などをそのまま引き継ぐことができるので、転用後の難しい設定なども必要がないためインターネット初心者の方にも簡単に行うことができます。

 

もし、フレッツ光を利用していて月々の料金が気になるといった方は、料金をお得にするために光コラボへの転用を工事費なしでいつでも行うことができますので、他の光回線にはないメリットと言えるでしょう。

 

光コラボレーションのメリット

 

光コラボへの転用は危険?!

フレッツ光のデメリットについて


フレッツ光の評判は、メリット以外にいくつかのデメリットと言える評判もあります。

 

他にも評判の声にはないようなデメリットもありますので、フレッツ光のデメリットとなる点を簡単に解説していきます。

 

 

フレッツ光のデメリット

 

割引を適用させないと基本料金は安くならない

フレッツ光の基本料金は、光回線以外の「ADSL」や「WiMAX」といった他のインターネット回線の月々料金と比べると、最も高い設定がされているのが光回線となっています。

 

そのため、基本料金が高く見られがちな光回線は、フレッツ光も同様に高く見られがちです。

 

また、フレッツ光は、いくつかの割引サービスを展開していますが、適用させなければ基本的に料金は高く他の光回線よりも高額になってしまうケースがあります。

 

しかし、豊富な割引サービス・キャンペーンを利用することによって、基本料金を安くできる他、キャッシュバックなども考慮した場合などは、年間に掛かってくる料金を12,000円~以上も安くすることも可能です。

 

そのため、「ADSL」や「WiMAX」などの全く違う回線技術を用いたインターネット回線と比較すると高い料金内容に見られますが、光回線全体で比較すると、格安な光回線としてフレッツ光は全国でもトップシェア率を獲得しています。

 

工事が必要な場合は初期費用が高い

フレッツ光を契約するにあたって、すでにフレッツ光が導入されているマンションなどの建物の場合には関係のない話ですが、

 

導入されていないマンションや戸建てなどの場合は、フレッツ光を契約した際必ず回線の開通工事が必要となり、大きな費用が掛かってしまいます。

 

開通工事の内容は、建物の状況によって異なりますが、電話回線が引かれている建物であれば、電話回線の穴を通じて光回線を部屋内に引き込む作業を行い、場合によっては、壁に穴を開けそこから回線を引っ張るといった大掛かりな工事になる場合もあります。

 

また、フレッツ光の開通工事の際には必ず立ち会いが必要であり、自宅内で業者が入り簡単な工事を行うことになります。

 

しかし、開通工事については、他の光回線全体でも必ず行う内容でもあるため、フレッツ光のみならず光回線全体のデメリットと言っても過言ではないでしょう。

 

利用までの期間が長い場合がある

フレッツ光は、工事を必要とする場合、工事の日程予約を取る形となりますので、申し込んでから利用できるまでに長い時間が掛かる場合があります。
特に、3月~4月の時期などは、新生活で引っ越しが盛んになる時期でもありますので、インターネット回線への申し込みが殺到していることが多く、予約までに1ヶ月以上待たされることもあります。

 

しかし、これについても、フレッツ光のみに関わらず他の光回線事業者でもあり得ることなので、フレッツ光だけのデメリットとは言いにくいでしょう。

 

マンション・アパートでの利用はタイプによって速度に影響がある

フレッツ光をマンションやアパートで利用される場合、ほとんどの場合その建物(マンションなど)の住居人(最大32人)と共有して利用する配線の引き方を行います。

 

これにより、一つの回線(フレッツ光)を複数人で共有して利用する形となるため、

 

例えば、共有者の中の何人かが膨大なデータ通信を行うことで、他の共有者の速度に影響が出てしまう場合があるなど、著しく通信速度が低下する、または不安定になることがあるのです。

 

この仕組みを詳しく説明しますと、「最大1Gbpsの通信を建物全体の住居者で共有して利用するため、1人1人に通信を分けて利用していく形になります」これによって、一人当たり下り・上リ1Gbps÷共有人数の通信速度となるのです。

 

これについては、フレッツ光のみならず、光回線全体での話なので、別の光回線である「auひかり」や「NURO光」と言った別の光回線事業者であっても同様に起こりうることです。

 

フレッツ光のデメリットはほとんどの光回線に共通している



 

ここまでの、フレッツ光のメリット・デメリットの解説のうち、デメリットの部分については、ほとんど光回線全体で共通しているデメリットとなっています。

 

特に以下の解説に関しての内容が光回線全体で共通しているデメリットで、「auひかり」や「NURO光」、「光コラボ」などといった知名度の高い別の光回線にもあるデメリットとなっています。

 

共通しているデメリット

  1. 工事が必要な場合は初期費用が高い
  2.  

  3. 利用までの期間が長い場合がある
  4.  

  5. マンション・アパートでの利用は速度に影響が出る
  6.  

 

このことからお分かりになる通り、フレッツ光のデメリットとなる大半が、光回線全体でのデメリットと言っても過言ではありません。

 

そのため、フレッツ光は、光回線の中で見ると、メリットが豊富な非常にお得な光回線であることになります。

 

 

しかし、他のインターネット回線(ADSLやモバイル回線)から光回線(フレッツ光やauひかりなど)に初めて乗り換えた方の中には、「工事の費用が高い!」、「利用まで長い期間が掛かる!」「集合住宅での利用は速度が遅い!」と言ったことを思ってしまう人も多くいるのも事実です。

 

そのため、フレッツ光は良くないと言った情報が出回っているのも無理はありません。

 

ですが、他のインターネット回線である「ADSL」や「モバイル回線」とでは、根本的に全く違う通信技術のため、住んでいる地域や周りの環境によって通信速度への影響が異なることやスペック的にも光回線の技術の方が圧倒的に上をいきます。

 

また、フレッツ光の月々料金に関しても、他のインターネット回線(ADSLやWi-Fi等)と比較した場合、当然フレッツ光の料金が高い内容になっているのは事実であり、光回線全体でも料金が高く見られがちですが、

 

光回線の中だけで料金の比較をした場合では、フレッツ光の料金は比較的格安で、こういった見方で考えると「フレッツ光」は格安で安定した高速通信を行える優れた光回線なのです。

フレッツ光へ申し込む際の注意点


フレッツ光は、申し込む代理店によってキャンペーン内容が異なっていると同時に対象内容も把握する必要があります。

 

各代理店では、主に「キャンペーン対象、適用」となる内容も異なっていますので、注意しておかなければ「キャッシュバックを受け取れなかった」、「割引されなかった」と言いった事態になります。

 

もし、フレッツ光への乗り換え、申し込みを検討されている方は、キャンペーン内容だけでなく、キャンペーンの対象、適用内容には良く目を通してから申し込みを行いましょう。

 

高額キャッシュバック程注意!!

フレッツ光の代理店によって、キャッシュバック内容は相場より高いものや安いものまで幅広くあり、一見すると高いキャッシュバック内容の方がお得なように思えますが、高額なキャッシュバック程受け取るための対象、適用内容が極めて難しい内容のものが多いのです。

 

多くの高額キャッシュバックを受け取るための対象、適用内容は、様々なオプション契約(ひかり電話やフレッツテレビ等)の回線契約と別の契約を必要とすることが多く、高額なキャッシュバックを受け取れたとしても毎月掛かる回線料金に加え、オプション契約の月々料金を考えると、結果的に損をしてしまう可能性が極めて高いのです。

 

そのため、表示されているキャッシュバックの金額が高いからと言った理由だけでの申し込みは避ける、または適用内容などをしっかりと確認したうえで申し込みを行うようにしましょう。

キャンペーンの適用条件には注意!!

フレッツ光の代理店によっては、キャンペーンがいつ適用されるのか伝えてこないところや適用条件が分かりづらいWEBサイトが多くあります。

 

実際にキャンペーンサイトには小さい文字で適用条件が記載されていることが多く、よく確認せずに申し込みしてしまったことで、キャンペーンが適用されず「適用条件が満たされなかったので無効となりました」といった事例が多くあります。

 

もし、キャンペーン内容の適用条件が分かりずらい場合は、申し込む代理店やキャンペーンサイトに問い合わせてみるか他の代理店での申し込みを検討してみましょう。

キャッシュバックの受取り期間に注意!!

フレッツ光の各代理店が行っているキャッシュバックキャンペーンは、受け取るための期間があり、申し込む代理店によって受け取り期間が異なっています。

 

これについても、高額なキャッシュバック程長い期間を有し、長いものであれば申し込みから12ヶ月後、約1年後にならなければ受け取れない場合が多いです。

 

また、キャッシュバックの受け取りの際には、必ず自己申請が必要なことがほとんどで、自己申請をしなければキャッシュバックが無効になるため、受け取ることができなかったケースは珍しくありません。

 

そのため、キャッシュバックを受け取る期間は、忘れないように再度キャッシュバック内容の確認やメモなどに控えておくようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

 

フレッツ光の評判の高さは、光回線の中でも王道とも言えるインターネット回線であり、大きなメリットとして、最大1Gbpsの安定した高速通信、お得な割引サービス、キャンペーンの充実性も高いことが魅力となっているインターネット回線。

 

しかし、ADSLやWi-Fiなどを利用されている方からすれば、毎月の料金が高い!、初期費用が高額!といったデメリットに捉えられることが多いのも事実であり、戸建て・マンションでの利用では、通信速度が異なっているのもマイナスに見られがちでもあります。

 

ですが、同じ光回線技術を用いた事業者(auひかりNURO光など)でも同じデメリットを持っていることから、フレッツ光限定でのデメリットはむしろ少ない光回線となっています。

フレッツ光の人気窓口

エフプレイン

 

フレッツ光 評判

 

▼エフプレインの特徴▼

 

フレッツ光の代理店であるエフプレインは、最大60,000円のキャッシュバック内容が魅力で、さらに、初期工事費もファミリータイプ、マンションタイプ両方に適応される申込者にうれしいキャンペーンも同時に行っている代理店になっています。

サポート

お得度



 

キャンペーン内容

キャッシュバック額

 

最大60,000円キャッシュバック(申し込むタイプにより異なる)

 

その他キャンペーン

 

初期工事費割引

 

ファミリータイプ
※18,000円(6,000円割引)

 

マンションタイプ
※15,000円(9,000円割引)

 

0円キャンペーン
※ノートPC(指定プロバイダ+指定オプション付属)

 

※タブレット(指定プロバイダ+指定オプション付属)

 

 

 


 

 

プライオリティ

 

 

▼プライオリティの特徴▼

 

プライオリティは、フレッツ光窓口の中でも高額なキャッシュバックで、目を引く代理店になっています。当然キャッシュバックを受けるためには、追加オプションなど条件がありますが、意外と簡単な条件となっており、人気を多く集めている代理店となっています。

サポート

お得度



キャンペーン内容

キャッシュバック額

 

最大69,500円キャッシュバック

 

その他キャンペーン

 

選べるプレゼントキャンペーン
※32型テレビ・新型ノートパソコン

 

 

 


 

 

シナジーパートナーズ

 

フレッツ光 評判

 

▼シナジーパートナーズの特徴▼

 

シナジーパートナーズは、法人の方の場合、オプション等を付けなくても西日本、東日本共に25,000円のキャッシュバックを受け取ることができる内容となっております。また、個人でのお申込みでも5,000円のキャッシュバックを貰うことのできる代理店となっています。

サポート

お得度



 

キャンペーン内容

キャッシュバック額

 

法人:25,000円キャッシュバック

 

個人:5,000円キャッシュバック

 

その他キャンペーン

 

お友達ご紹介キャッシュバック
※通常のお客様にお支払いする為のキャッシュバックをそのままご紹介者様にお渡しする流れとなります。

 

光もっと2割り
※利用年数に応じて割引くサービスで2年目1,100円、3年目1,290円、4~8年目は毎年100円ずつ割引されます。

 

 

 


 

さらに見る

関連記事

auひかりの評判は最悪!?それとも評判は良い?
2018年度のauひかりの評判は、良い評判だけでなく悪い評判の声も実際にいくつかあり、auひかりの申し込みを検討中という方にauひかりのメリット・デメリットを徹底して解説しています。
NURO光の評判から見るメリット・デメリット
NURO光は、プロバイダ最速で評判のある光回線で、NURO光独自のメリットも大きく、逆に独自のデメリットもあります。当ページではNURO光のメリット・デメリットについて簡単に解説しているページになります。
光コラボレーションの速度や料金について
最近フレッツ光から新しくでた光コラボレーションの料金や速度について解説しているページになります。他にも光コラボへの転用といった新しい仕組みの簡単な解説も行っています。
光回線メリット・デメリット
光回線は、通信速度においては、最も安定してデータ通信を行えるインターネット回線ではありますが、光回線にもデメリットとなる点はいくつもあります。当ページでは、そんな光回線のメリット・デメリットの解説を行っているページです。
光回線の工事費は高い!工事が終わるまで遅い!その実態
光回線工事の開通するまでの平均的な工事日数や費用について分かりやすく解説しているページになります。他にも戸建て・マンションの場合の工事の違いや費用の違いの解説も行っています。
光回線なのに通信速度が遅くなる原因5選
光回線でも通信速度遅くなる原因をいくつかに分けて解説しているページです。また、通信速度を向上させる方法や原因改善についてのご紹介もおこなっています。
光回線の工事から利用できるまでの流れ
光回線の工事は、大きな費用が掛かりがちで申し込みに踏み切れない方も多いでしょう。しかしキャンペーンなどを利用することによって、工事費をお得にすることもでき、キャンペーンによっては工事費が数千円または分割払いなどで支払うこともできます。
光ファイバーのアクセス回線の構造
光ファイバー(光回線)の構造や回線技術について初心者にも分かりやすく簡単に解説しているページです。


プロバイダ検索 プロバイダ一覧 フレッツ光 申し込み auひかり 申し込み 光コラボ 申し込み WiMAX 申し込み